キャノン製複合機の特徴

現在、複合機を開発・製造しているメーカーは国内外に複数存在しますが、複合機という同じ製品を製造していても、やはりメーカーごとの特徴が出てきます。
これは製品の差別化という意味において当然ですが、メーカーの好みや得意分野が強く反映されているのが面白い所です。
そこで今回から各メーカーの特徴を具体的な商品を例に挙げながら見てゆきましょう。
今回、取り上げるメーカーは国内の大手メーカーの1つである「キャノン」です。

iR C2550F

具体的な例としてキャノンの複合機「iR C2550F」を見てみましょう。
この機種の特徴を一言でいうならば、「使いやすい複合機」ということです。
実際、先進のコピー/プリント/ファクス/スキャン機能をバランスよく搭載し、簡単に使いこなせるように配慮されており、目立った点こそありませんが万人受けする機種と言えます。
また、プリント機能に関しては美しさと同時に美しさも追求しており、特にスムージング処理をベタ部のみならず、ハーフトーン部でも行うキャノン独自の画像処理システム「AST(アドバンスド・スムージング・テクノロジー)」を採用しており、繊細なディテールも損ないません。
この独自のコピー技術がキャノンの特徴です。

キャノンの特徴

一般的にキャノンの複合機はコピーやプリント、スキャンなどの基本機能のパフォーマンスに優れており、標準機能に搭載されていない機能も追加オプションで機能を追加することが特徴であるといわれています。
またキャノンはカメラのメーカーとしても有名だけあって、カラー出力の美しさ、印刷速度、省エネ、コンパクトなどの複合機としての性能に加えて、映像に強いキャノンならではのグラフィカルなインターフェースを採用した液晶タッチパネル等、使いやすさにも力を入れています。
総合的に見ればキャノンの複合機は性能、機能、出色の良さ等、どれか1つが突出しているわけではありませんが、その反面、高い水準でバランスのとれた製品が揃っていることが魅力であるといえるでしょう。

新品・中古複合機の販売を行っているOA110では、今回紹介した「iR C2550F」をはじめキャノンの複合機を数多く取り扱っています。
もしキャノンの複合機の魅力をより詳しく知りたいと思われたのならば、こちらへどうぞ。
iR C2550F

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ