コピー機の購入をお考えの方
各コピー機メーカー人気機種
の機能、価格を比較します。

コピー機の性能や価格を比較

複合機の事を一般的にコピー機とも言い、原本や本の一部などの複製を取るものです。

みなさんはどんな時にコピーをしますか?
例えば、私は仕事で使用することが多いです。社員に頼まれて印刷をしたり、時には100単位の印刷をすることもあります。

また、趣味がピアノなのですが、楽譜を購入するといらないページなどもあるので、友人に借りて必要なページのみ印刷する事が多いです。

コピー機は、みなさんも一度は使用されたことがありますよね。すごく便利ですよね。業務用だけではなく、家庭用などもインターネットで検索すればたくさん出てきます。でも。。。何を基準に検討したらいいか。何を比較してみたらいいか。深く考えたことはないですよね?私もコピー機を購入する前はコピー機について考えた事もありませんでした。

コピー機の購入を比較検討しているみなさまが、どんな事を比較していったらよいかまとめてみました。
ぜひぜひ、購入する前に参考していただけると幸いです。そんなサイトを目指しています。

コピーの歴史

事務機として幅広く使われたコピー機はジェームズワットによって1779年に最初に発明されました。 彼はインクが裏まで染みこみやすい薄紙を使って、紙から別の紙に内容を複写する手法を考案しました。このコピー機は成功をおさめて、20世紀まで利用されていたと言われています。

現在使われているコピー機

  • 拡大や縮小機能を持つものが多いです。
  • 紙の大きさも可変です。
  • 乾式と湿式がりますが、乾式がよく使われています。 
  • カラーコピーも可能なコピー機も存在します。
  • 用紙は普通紙(コピー用紙)ですが、特殊な素材にも印刷できる機種もあります。
  • 大量の用紙をストックする用紙カセットと、一時的に特別な用紙を挿入するための手差しトレイを備えているものが一般的です。

コピー機の概要 

コピー機という名称からわかるように、少数の複写を作成することを意図していて、簡易に複写を作成することが出来る反面、コスト面、速度面から、大量印刷には向いていません。通常、大量印刷には、オフセット印刷機が用いられます。オフセット印刷機とコピー機の中間に位置する機械として簡易印刷機というものがあり、孔版印刷を用いた理想科学工業のリソグラフなどが官公庁や学校などで普及しています。

2000年代に入ると、ビジネス向けのコピー機はほとんどが、デジタル式になりました。また、パーソナルコンピュータとLANの普及に伴って、「複写機」「プリンター」「ファクシミリ」「イメージスキャナ」などの各種機能が統合されたデジタル複合機が使用されるようになりました。これらの複合機は、LAN経由で操作が行えるものが多いです。

各種メーカー

メーカーとしては、「リコー」「キャノン」「富士ゼロックス」などが高いシェアを誇っています。

販売に関しては、メーカー系、独立系合わせて多くのOA機器販社が行っています。そのほかにいくつかのメーカーがデジタル式の複合機を作っています。

コピー機の種類 

大きく分けて、「ジアゾ式複写機」と「PPC複写機(Plain Paper Copier、普通紙複写機)があります。

現在ではほとんどがPPC複写機ですが、ジアゾ式複写機も設計図面(特にA2判以上の大判用紙)に根強い需要があると言われています。

コピー機比較 

比較。。。先に記載しましたが、何を基準に比較をしていったらよいでしょうか?

  • 人気メーカーとの比較?
  • 価格での比較?
  • 大きさや色での比較?

あげていったらキリがないですよね?
そんな皆さまのお手伝いをしていくサイトです。情報を持っていって下さいね。

最新情報

2014年7月22日
コピー機メーカー
京セラ製複合機の特徴
今回取り上げるメーカーは京セラです。 京セラの複合機の最大の特徴はどのメーカーよりも安いという点です。 一部では、「性能やメンテナンスの部分で他のメーカーよりも見劣りするりする」というやや低い評価も与えられがちですが、し・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ