コピー機比較をしてみました

各メーカ―の機種を中古から新品まで比較します。
中古で人気が高いのは、キャノン、次いでシャープ、コニカミノルタ、リコーの順になります。新品で人気が高いのは、シャープのカラー複合機です。次いでキャノン、コニカミノルタになります。

コピー機を選ぶ基準は、「カラーかモノクロか」「ファックスは必要か」「プリンター機能は必要か」「スキャナー機能は必要か」「用紙サイズは主に何種類使うか」左記が主に選ぶ基準なります。
この中で必要なもの、不要なもの選出していくと必要な機能が分かると思います。

コピー機を比較していくと機種によってはネットワーク共有することが出来ない機種もあったり、windows対応だけど、MAC対応していない等もあるので、よく考えて購入する必要があります。

価格について
コピー機購入の必要条件を満たしている機種はあると思います。予算を決めてからコピー機選びをすると、将来的な経費が見えなくなってしまったり、逆に損をする事もあるので注意が必要です。

コピー機の価格は会社によって様々ですが、中古キャノン15万前後、中古シャープ20万前後です。新品となると、シャープ70万前後、キャノン20万前後になります。

中古・新品を比較すると、中古だと故障をしてしまう事も考えて購入する必要があります。中古でも保守サービスを組む事が出来る事もあります。サービスの中にトナー代が含まれている事をあるので、それを考えると中古でも問題ないかと思います。

新品購入だと初期費用が高くなりますが、壊れにくい保証はつくという事は大きなポイントになると思います。
比較検討をしてコピー機の購入する事をお勧めします。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ